少年舞妓・千代菊がゆく!花見小路におこしやすの続きを読みましたよ。

キャラクターの美希也が逃げ出した舞妓の代わりに、お座敷に起きるための調整をしている所です。
髷を結うのとメークアップまで終わりました。
次はかんざしをさします。
花かんざしは月間なるそうです。
時節を髪飾りにも組み込むという心づかいがあるそうです。
月ごとにどのかんざしかは決まっているみたいです。
図書では祇園祭の時のチャットなので、祇園祭の時に付けるかんざしになるみたいです。
祇園祭のかんざしは団扇の飾りがついた涼しそうなかんざしだそうです。
銀色の飾り加工が鮮やかで夏季らしく涼しそうな色らしいです。
右前にはプラチナのビラをさします。
キャラクターの実家の吉乃実家の家紋、桔梗が透かし彫りになっているみたいです。
ビラの深層には祇園の舞妓だけが塗りつける緑の珠を輪に連ねたかんざしを指し示すそうです。
左前って合間に祇園祭の団扇のかんざしをさすそうです。
いつか本当に見てみたいだ。
これでなんとか顔付きと念頭が出来上がりました。
美希也は鏡の中の単独を見て、自然に舞妓君の言語が出てきてました。
自然に切りかえれるなんて、凄いですね。
徐々に仕上がりますね。
続きがはなはだ楽しみです。借金返済 無料相談