底地というのは貸せていることは確かではありますが

底地というのは貸せていることは間違いないです。しかしながら、利回りから考えると決して高い貸し方というわけではないのです。あまりにも長く借地権を持っている場合にはそれに物凄い権利としての金額が設定されることがあります。そうしたことがおきますから覚悟しておいたほうがよいでしょう。土地というのは、何もしていない状態がもっとも勿体無いことになります。ですから、底地は賃料はもらっているわけですから、そんなに問題になることはないです。その部分に関してはそうなのですが、問題もあるのです。それは十全に使うことができない、ということです。それが底地の問題となる部分といえることでしょう。そこまで現状で問題が大きくなっているわけではない、それに更地では使い道がないわけですし、貸せているだけでもよい、というのであればそれでよいです。そうした状態がメリットとしてあるのは確かではあるのですが、そもそもそんな権利を設定しない方がよい、ということもありますから注意しておきましょう。
借金 相談 埼玉