生産性があるのか無いのかわからない私の知能

私は暇になると時々自分で考えた問題に自分で答えてみるという遊びをします。問題といっても難しいものではなくて小学生や、もしかしたら保育園の子供たちでも答えられそうな内容のものが多いです。
つい最近出した問題はシンプルな二択問題で「この地球上に良い人と悪い人とどちらが多い?」とか「国語と算数、ズバリどっちが好き?」とかです。いい年をしてこんな一人遊びを真剣にやってしまっている自分がふと恥ずかしくもなるのですが、答えを考え中の私からは多分周囲が声をかけるのをためらうほどの重たいオーラが出ているはずで、そのこともまた二重に恥ずかしいです。
くだらないことを真剣に考える人の中には天才肌の人が多いと昔なにかで聞いたことがあるのですが、今までの実績から考えても自分にはその線は絶対ないなと思うと、空しさが3割増しくらいになります。だったら最初からこんな遊びをしなければいいのですが、ふとくだらない問題が頭に浮かぶのでついつい答えを考えてしまうようになりました。